リバウンドする短期ダイエットはもう卒業!

三日坊主でもラクラク続く【中年太り】専用のお茶の秘密とは!?挫折せずに続けられる理由に納得!

中年太りで気になるウエスト・・・どうする?

f:id:schnitzer:20170515195633j:plain

 

お腹の引き締めは、大事な問題ですよね。

 

夏に近づくこの時期、水着を着る前にダイエットをして

いる人も多いと思います。

 

多くの人が、夏が来る前にお腹の引き締めを終了させて、

水着が似合う体型になりたいと思っていますよね。

 

ビキニのようなお腹が出るタイプの水着を着たいという

人は、お腹のたるみが気に掛かるでしょう。

 

太っているように見えなくても、お腹は出ているという

方も大勢います。

 

運動をせず、食事を減らすだけのダイエットをすると、

体重は減っても引き締め効果を得ることができません。

 

ダイエットの結果、体重の減少には成功したものの、

二の腕は相変わらず脂肪が多く、もものたるみ

一向に減らず、お腹はぽこんと出たままという

エピソードもあります。

 

多くの場合、食事を減らすだけで引き締め効果のある

運動をしていなかったといいます。

 

体重の数字は減っていますが、腕や腹は引き締められず

にいるということです。

 

お腹を効率的に引き締めるには、ダイエットに運動を

組み込むことが大事です。

 

お腹の引き締めと言うと、腹筋などを思い浮かべる

人も多いと思います。

 

腹筋はお腹の引き締めにはとても効果的な運動でも

あります。

 

とは言え、お腹は日々の活動の中で力を入れる機会が

少ない部分ですよね。

 

脂肪が蓄積されやすい部分であるにもかかわらず、

使う機会が多くない筋肉です。

 

多くの場合、お腹の皮下脂肪が増えすぎてたるみ、

洋なし型といわれるお腹の状態になってしまいます。

 

お腹には皮下脂肪だけでなく内臓脂肪も蓄積されます。

 

女性の場合は、皮下脂肪がつくことが多いようです。

 

内臓脂肪は皮下脂肪よりも燃焼させやすく、

皮下脂肪の燃焼は困難です。

 

皮下脂肪を代謝しにくいため、運動をしてもお腹は

なかなか引き締めができません。

 

一方、男性は内臓脂肪が多くなりがちです。

 

そのため、お腹は全体的に脂肪がつく人が多い

といいます。

 

皮下脂肪は体の内部を外の衝撃や温度変化が守る

効果あるため、女性がお腹を引き締めるのは

思うようにいかないようです。

 

ですが、お腹の引き締めが困難でも、毎日のエクサ

サイズによって腹筋を鍛え、皮下脂肪を燃焼させる

ことはできます。

 

とは言っても、毎日の家事に育児に仕事に・・・

とても、そんな暇ないですよね?

 

そんな方の心強い味方として、最近注目されている

のは、何と言っても酵素ではないでしょうか?

 

そもそも酵素とは、消化・吸収・代謝・排泄など、

生命活動を促すための大切な働きを担っている物質。

 

その正体は、主にタンパク質で成り立っています。

 

最近では腸を美しく保つことがアンチエイジング

つながるとして注目を集めていますが、この酵素

にも、腸内環境を改善する働きがあります。

 

ですから、美容&美肌に効果が期待できるとして

注目されていますし、便秘改善や冷え症改善

 

抗酸化作用、不妊症改善、抗ストレスなどの効果

も明らかにされているという臨床試験の結果も

出ているといった情報もあるぐらいです。

 

そんな酵素ですが、実は酵素は熱に弱く、また

胃酸で酵素が失われてしまうため、体に採り入れる

のが難しいとも言われています。

 

ですから、酵素を採り入れるなら、サプリメント

採り入れるのが理想的ということが言えそうです。

 

酵素を採り入れられるサプリメントの情報は、

下をクリックして確認してみてくださいね。

 

今なら、初回無料(送料500円のみ必要)でお試し

できるみたいですから、お得に試してみるのも

オススメです。

 

>> 生酵素サプリメントの情報を確認してみる

 

中年太りが気になるあなたの標準体重と肥満度は???

f:id:schnitzer:20170515195633j:plain

 

【中年太り】は気になるものですが、いったいどれぐらい

からが【中年太り】と言えるのでしょう。

 

それには、標準となる体型や体重がありますが、多くの人

が自分の体重を気にしています。

 

男女問わず、体重が増えた、お腹が出っ張ってきたと

気に病む人は少なくありません。

 

しかし、体重と体型との関わりは、人によって違います。

 

標準体重に合わせて自分は太っているのか痩せているのか、

判別するのも一つの方法です。

 

モデル体型が好ましい体型だと思い込み、

極端に体重を落とそうとして無理のかかるダイエットを

する人も、若い人の中にはいます。

 

標準体重や標準体型とは、人間が肥満でもなく、

痩せてもいない、まさに中間的な体重や体型のこと

言います。

 

標準体重は一定期間内の死亡率や罹患率が有意に低い

というデータに基づき定められている経緯もあります。

 

良好な健康状態を保ち、丈夫に過ごすための体重

という着眼点で決められています。

 

標準体重は、およそ統計上では一番その人が健康で

いられると思われている体重のことのようです。

 

体脂肪率、身長、年齢によって標準体重を決める

という方法もあれば、身長だけで決められる標準体重

もあります。

 

標準体重の求め方にもバリエーションがあります。

 

一方、標準体型には決まった決め方は存在しません

 

標準体型は、医療の分野では明確な決まりはありません

が、年齢や性別によって、傾向となる体型があります。

 

健康を維持するためには体重や体型の管理が大事ですが、

その前提には標準体重があります。

 

BMI法によって標準体重を決めるという計算方法が、

標準体重の求め方の中では最もポピュラーです。

 

BMIは、標準体重を決めるために使うことになって

いる公式があります。

 

BMI法による計算式は、

 

BMI=体重÷(身長×身長)』

 

になります。

 

例えば、身長160cm、体重60kgの場合、

 

BMI=60kg÷(1.6m×1.6m)=23.4

 

となります。

 

そして、BMI=22となる時の体重が、標準体重

となります。

 

それは、統計上、BMI22の人が最も高血圧

高脂血症になりにくく、肝障害や耐糖能異常になりにくい

とされているためです。

 

なので、体脂肪率は、BMIの数値には直接関わっては

いません。

 

この考え方は、筋肉量の多い少ないに関係なく

同じ結果が出ると考えられます。

 

標準体重で出た数値は、標準体型とイコールという

ものではありません。

 

脂肪は筋肉より軽い物質なので、標準体重と一口に

いっても、脂肪が多い人はその分だけふっくらとした

体型になると言われています。

 

筋肉の割合が多い人は、脂肪が多い人よりずっと

体型の割に体重が重くなりますので、太っていると

勘違いしやすいようです。

 

目指すべき体型は、どんな体型になりたいかという

考え方にもよります。

 

体中に適度な筋肉をつけたいという人もいますし、

とにかくすらりとほっそりしたい方もいます。

 

個人の好みや求める方向性によって、標準体重や

理想となる体型には違いが生じるようです。

 

中年太りの解消法を考える前に、まずはあなた自身

BMIや標準体重、肥満度を知ることから始め

ましょう。

 

BMI、標準体重、肥満度を簡単に知りたい時は、

以下のサイトに、性別・身長・体重を入力する

だけで、一瞬で結果が分かりますよ。

 

ちなみに、肥満度は、低体重・標準・肥満度1~4

に分類されますよ。

 

www.h-nc.com

 

 

痩せるには食べ物の量を減らさない方がいい!?

f:id:schnitzer:20170515180833j:plain

 

痩せる方法といえば、摂取する食べ物の量を減らす方法が

とられることが多いですよね。

 

これは、前回のブログで書いたように、

 

摂取カロリー < 消費カロリー

 

の状態にするために、運動してカロリーを消費するのが

難しい場合、摂取カロリーを減らすしかない・・・

 

という理由からでした。

 

ですが、効果的に痩せるためには、食事の量を少なくする

よりは、体に必要な栄養を十分に確保し、1日3回の食事を

しっかり食べた方がいいという人もいます。

 

その理由は、前回のブログで書いたように、人間に自然と

備わっている『生命維持装置』の働きが関係しているからだ

ということでした。

 

つまり、カロリー摂取量を減らすことである程度は

ダイエットは可能ですが、ダイエットをして食べ物を

食べない状態を継続していると、痩せることが難しい体

になっていく可能性があるということですね。

 

ダイエットのためにと食べ物の量を減らしていると、

体は非常事態と認識してカロリーを貯め込みやすくなります。

 

できるだけ多くのカロリーを使わず、貯め込もうとします。

結果、脂肪の燃焼効率が極端に悪くなってしまうのです。

 

エネルギーとして脂肪を燃焼させない状態になることで、

食べ物を効率的に脂肪にしようとします。

 

脂肪をエネルギーとして消費しない体質になると、

再び消費を高めづらくなります。

 

食べ物を体内に取り入れすぎないことが、

痩せるための第一条件です。

 

摂取したカロリーを消費する環境や体質を整えることも

重要です。

 

晩ご飯以後はエネルギーを大幅に使うことはない以上、

夕食の量を控え、夕食や朝食をきちんと摂取することが、

痩せる食べ物の食べ方といえます。

 

とは言え、仕事をしていたりすると、取引先や会社の

上司・同僚、友人などとの飲み会や食事会があったり

して、夕食でコントロールするのも結構難しいところ

がありますよね。

 

そんな方にオススメなのは、朝食でも昼食でも、サッと

置き換えられるダイエット法ではないでしょうか?

 

業界初の分包タイプのパウダータイプで、外出時でも

オフィスでも、何か飲み物さえあれば、

 

『たった10秒でファスティングドリンクが作れる』

 

という優れものがありましたので、下をクリックして、

公式サイトで確認してみてはいかがでしょう。

 

>> オススメのファスティングダイエットを見てみる

 

 

中年太りで食事制限はリバウンドしやすい!?

f:id:schnitzer:20170514162624j:plain

 

食事制限とリバウンド

多くの人が、食事制限をして、カロリー摂取を少なくすれば

ダイエットできる・・・

ということで、ツラい食事制限にチャレンジしていますよね。

 

食事制限でダイエットに成功したという人もたくさんいる

一方で、無理な食事制限によるダイエットを行った結果、

リバウンドしてしまう人が多いのもよく耳にする話です。

 

しかも、やっかいなのが、食事制限からのリバウンド

起きると、以前の体重よりも太ってしまうことが珍しく

ないってこと。

 

あんなに食べたいものを我慢してダイエットしたのに、

最終的に体重が増えてしまっては、あまりに悲し過ぎます

し、ショックが大きすぎますよね。

 

では、なぜこんなことになるのでしょうか?

 

実は、これは人が生きていくために欠かせない機能が、

食事制限によるダイエットではリバウンドという形として

現れてしまう・・・

 

と言われているんです!

 

なので、リバウンドがどうして起こるのか理解せずに、

食事制限や無理なダイエットを行うことは非常に危険!!

 

というわけなんです。

 

実は、食事制限を主体にしたダイエットをしたことのある人

の多くは、リバウンドをしたことがあると言われています。

 

● どんな手順で食事制限をしたか?

● どんな手順で元の食事に戻したか?

 

ということが、非常に重要になってきます。

 

それは、体重が増えるのメカニズムに大きく関わってくる

からです。

 

食事から摂るカロリー > 消費されるカロリー

 

の状態になると、余ったカロリー分が脂肪などに変換

されて、体に蓄えられてしまいますよね。

 

それで、食事制限をするのは、カロリーの摂取量を減らす

ことで、

 

摂取カロリー < 消費カロリー

 

の状態にし、体脂肪の消費を増やそうっていう考え方

なので、ダイエットを行うというアプローチ自体は間違って

いないんですね。

 

問題はここからなんですが・・・

 

ダイエットにはやっかいな生命維持装置!?

人間は、カロリー補給が少ない状態が続くと、生命維持の

ために、少ないカロリーでも生きていける体に自らを作り

換えてしまうというやっかいな機能があるんです。

 

ダイエット中に体重の減少がストップするのは、この機能

が働き、食事制限に体が慣れてくるためなんです。

 

そして、リバウンドが起きるのは、このカロリー制限に

体が適応した時に、食事量を元に戻したことで、一気に

余分なカロリーが増えることによって起こります。

 

そのため、極端な食事制限によって、ダイエットをすると、

それだけリバウンドしやすくなると考えられるわけです。 

 

特に【中年太り】になっている場合、若い時に比べると、

かなり基礎代謝量が落ちてきていますから、食事制限を

しなくても、普段通りに食事しているだけなのに、なぜか

太ってしまう・・・

 

という摩訶不思議な現象が起こってしまうわけです。

 

 

なので、そんな【中年太り】に悩まされている時には、

 

● カロリーゼロ

● 糖質ゼロ

● 脂質ゼロ

 

で、毎日続けられる【中年太り】解消法を日常生活に

採り入れていく必要があるんですね。

 

たったの500円でお試しできるモニターを募集している

みたいですから、下をクリックして、公式サイトで確認

してみるといいですよ。

 

www.rentracks.jp

運営者情報